敏感肌さんが知っておくべき化粧水の成分

敏感肌を癒やすにはケア化粧品の使用が大変有効です。しかし「化粧品そのものが敏感肌の原因になり得ること」をご存じでしょうか。乾燥やストレス、アレルゲンは肌のバリア機能を低下させ、敏感肌になる条件を整えます。同様に「ご自分の肌質に合わない成分」「刺激の強い成分」もまた、肌のバリア機能を低下させる要因となるのです。

そこで今回は、敏感肌さんが避けるべき成分、おすすめの成分など、知っておきたい成分を紹介していきます。

化粧水の成分

敏感肌に刺激になりやすい成分の落とし穴

敏感肌で悩むみなさんは刺激になりやすい成分についてどれくらご存知でしょうか?
まず最初に上がるのが「保存料、防腐剤」です。化粧品も生ものである以上、その品質を保つために保存料や防腐剤は必要。「保存料・防腐剤フリー」というのはその代わりに保存と防腐の効果の弱い成分を大量に入れる必要があるので、敏感肌には返って悪い結果になります。実は、一番安全な防腐剤は悪名高い「パラベン」だったりします。確かにパラベンは精製技術が低いと不純物(油)が入り、いわゆる「油焼け」を起こしてしまったのですが、最近の化粧品メーカーはしっかりと精製しているので、不安に思う必要はありません。

次は「アルコール」です。アルコールはさっぱりした使用感を実現してくれる一方で、比較的刺激が強い成分なので肌が敏感になっている方は注意が必要です。
また合成系成分にも注意する必要があります。例えば「合成香料・合成着色料」の悪影響については研究データが少なく、絶対に安全と言い切ることができません。

敏感肌が避けるべき成分+おすすめの成分

敏感肌に刺激になりやすい成分、そして逆に「敏感肌にも安全だけど、悪いイメージ」だったものが多いことがお分かり頂けたでしょうか。敏感肌女性が避けるべき化粧水としては、イメージとは逆に「パラベンフリー」を過剰にアピールしているもの。これはあくまで「パラベン”は”使ってませんよ。」ということ。パラベンの代わりに別の防腐効果の弱い成分を大量に使っている可能性があります。
また、「オーガニック」も避けた方が良いでしょう。オーガニック化粧水は、自然由来の原料を使っているため防腐剤を通常より多く処方しているものもありますし、心地良く「オーガニックっぽい香り」を出すために合成香料を使用している場合もあります。

代わりに「肌の潤いを高める保湿成分」「皮膚のバリア機能を高める成分」「エイジングケア成分」は積極的に取り入れていきましょう。 保湿については「天然保湿因子」がおすすめです。
特にバリア機能の改善・向上を考えるのなら「セラミド」は欠かせません。セラミドは角質の細胞同士をつなぎ留めるため、その量が充分に足りていれば、外部刺激にも強い肌をキープすることが可能な成分なのです。ただし、化粧水に含まれているセラミドには浸透しやすいものと浸透しにくいものがありますので、選ぶ際には注目するとよいでしょう。

この他にも「コラーゲンケア」ができる成分や「炎症・酸化ケア」も要チェック。特に「炎症・酸化ケア」は敏感肌特有の現象で、毛穴の目立ちやほうれい線、くすみの原因になっています。美肌を目指す敏感肌女性には是非おすすめしたい成分です。

敏感肌に浸透するセラミド

PICK UP! 成分で選ぶ敏感肌用化粧水

Pickup1

DECENCIA アヤナス ローション コンセントレート

DECENCIA アヤナス ローション コンセントレートDECENCIA
アヤナス ローション コンセントレート

アヤナス ローション コンセントレートは、ポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランドディセンシアのエイジングケア化粧水。多くの美肌成分が配合されており「保湿」「浸透」「エイジングケア」と全ての側面から敏感肌を美しく導くためのケアをしてくれます。元々人体にあるものと同じ構造のヒト型セラミドをナノ化し、さらに肌の奥まで浸透させるためにカプセル化した「セラミドナノスフィア」が敏感肌のすみずみに行き渡り徹底保湿。敏感肌特有のエイジング要因「微弱炎症」へのケアは抗炎症&抗酸化成分「コウキエキス」を。香りにも保湿・リラックス効果の期待できるゼラニウムとラベンダーを採用するほどのこだわりです。

商品詳細を見る

Pickup2

アクセーヌ セルモイスチュアウォーター

アクセーヌ セルモイスチュアウォーターアクセーヌ
セルモイスチュアウォーター

「アクセーヌ」は「ACS=Allergen Control System」(皮膚炎再発防止機構)を基礎理論とした、肌への安全性が高い化粧品を開発しています。そんなアクセーヌの化粧水「セルモイスチュアウォーター」は、敏感肌さんならば気をつけたい「界面活性剤・アルコール」などの成分がフリー。また「オリゴペプチド」「加水分解アルギン」と、保湿成分を充実させることで、敏感肌悪化の原因となる乾燥へアプローチできる点は嬉しい特徴と言えるでしょう。

商品詳細を見る

Pickup3

イプサ メタボライザー センシティブ2

イプサ メタボライザー センシティブ2イプサ
メタボライザー センシティブ2

乾燥するデリケートな肌ケアを意識した無添加化粧水「イプサ メタボライザー センシティブ2」。配合されている「ヨモギエキス」「ビワ葉エキス」がダブルで働き、乱れがちな角層のバリア機能強化へアプローチすることが期待できます。メラニンケアや血行促進など、肌のコンディションを整えるための機能を集約し、健康な素肌の美しさ=発光素肌を目指すことが可能です。

商品詳細を見る

敏感肌さんが知っておくべき化粧品の成分 まとめ

化粧品の成分についてイメージではなく本当のことをよく知っておくべき人。それこそが、人一倍肌への刺激に気をつけるべき敏感肌女性と言えるでしょう。良い成分、気をつけたい成分の区別をつけて製品の取捨選択をすれば、おのずと「ご自分に適した化粧品」は絞られてくるはずです。

特にご自分に合わなかった化粧品の配合成分については、今後とも注意してください。もちろん「天然成分だから肌の刺激にはならない」ということはありませんよ。長く使い続ける前に、まずはトライアルキットやサンプルなどでテストすれば、より効率的に「ベストな成分を配合した化粧品」に出会えるはずです。

敏感肌さんにおすすめ!とろーり濃密化粧水「アヤナス」

合わせて読みたい!