敏感肌化粧水の基本!敏感肌に浸透するセラミドとしないセラミド

敏感肌用に限らず、化粧水には様々な成分が含まれています。「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「セラミド」などの名前は、敏感肌女性のみなさんならすでにご存じの、肌の保湿力をサポートしてくれる成分です。ただし、これらの成分が「肌の表面に留まっているだけ=角質層へ浸透しない状態」では、持続的で充分な効果を望めないことはご存知でしょうか?

今回は肌のバリア機能改善にも欠かせない成分「セラミド」について見ていきます。セラミドにも種類があり「浸透のしやすさがそれぞれ違うこと」を学んでいきましょう!

敏感肌化粧水の基本

よく聞くけどセラミドってなに?

ヒセラミドは元々人の肌の中にある成分で、「細胞間脂質」の約半数を占める主成分です。
角質層は「角質細胞」と、それらの隙間を満たし、つなぎ止める役割を担う「細胞間脂質」からできています。例えると、角質細胞が「レンガ」で、細胞間脂質がレンガとレンガをくっつける「セメント」。つまり、セラミドが不足して、細胞間脂質が減ってしまうと、角質細胞のレンガが綺麗に並べず、隙間ができてしまいます。細胞と細胞に隙間ができると、外部からの刺激が侵入しやすくなり、肌に炎症が起こりやすくなります。さらには、細胞と細胞の隙間から肌の潤いも蒸散してしまい、乾燥も進んでしまうのです。

これが、多くの敏感肌女性の悩みである乾燥・肌荒れ・毛穴・ほうれい線・くすみなどの要因となります。
このように、セラミドは「肌の保湿」と「外部刺激からの保護=お肌のバリア機能維持」に、欠かせない成分。人体にもともと存在する物質ですが、年齢と共にその量は減少してしまいます。

セラミドはまさに、敏感肌スキンケアの中心であり、さらにはエイジングケアなど綺麗になるための敏感肌ケアを望む女性にこそ、重要な成分と言えるでしょう。

敏感肌に浸透するセラミドとしないセラミド

セラミドには多くの種類があり、それぞれ浸透のしやすさが異なります。
「植物性セラミド」(植物由来セラミド)は、米やユズ、米ぬか油、小麦胚芽油などから抽出したもの。これはセラミドとグルコースが合わさった成分(グルコシルセラミド)で、肌への吸収はそれほどよくありません。

「ミルクセラミド」は牛乳由来の成分です。セラミドとホスホコリンという成分が合わさったもので、こちらも純粋なセラミドではないのですね。
一方「天然セラミド」は、馬などの脳や脊髄などから抽出したセラミド。動物由来のため、人間の角質層の細胞間脂質と近く、保湿力が優れています。
対して「合成セラミド」(疑似セラミド)は石油原料から化学合成されたもの。値段を抑えることが可能ですが、効果は天然セラミドほどではありません。

敏感肌に浸透するセラミド

もう1つ、忘れてはならないのが「ヒト型セラミド」(バイオセラミド)です。
酵母を利用して生成された「ヒト型セラミド」は、人の皮膚に含まれるセラミドとほとんど同じ構造。保湿・浸透も大変良く、加えて使用時の刺激も少ないという特徴があります。なお、ヒト型セラミドの分子を小さくすれば(「ナノ化」すれば)、より高い浸透力を実現することが可能です。

水に溶けにくいセラミドをナノ化することで、化粧水に配合しやすくなるというメリットも生まれます。つまり、使用時の肌なじみが格段に良くなると言うことです。
敏感肌さんは「よく浸透するセラミド」が配合されている化粧品を、積極的に選びましょう。

PICK UP! 敏感肌用化粧水

Pickup1

DECENCIA アヤナス ローション コンセントレート

DECENCIA アヤナス ローション コンセントレートDECENCIA
アヤナス ローション コンセントレート

敏感肌に悩む女性の声から生まれた敏感肌専門スキンケアブランドDECENCIA。「アヤナス ローション コンセントレート」は皮膚科医立ち会いの安全性試験も実施している低刺激&高効果の化粧水です。その秘密は、配合されるセラミド成分の「セラミドナノスフィア」。分子が大きく浸透しにくいセラミドを「ナノ化」し、さらに肌の奥まで浸透させるためにカプセル化することで高い浸透力を実現しています。人体にもともと存在するセラミドと全く同じ構造の「ヒト型ナノセラミド」を使用しているため、よりスムーズでパワフルな保湿力を期待することができるでしょう。敏感肌さんのセラミド化粧水選びで、筆頭格にあげることができる高品質でスペシャルな保湿化粧水が「アヤナス ローション コンセントレート」なのです。

商品詳細を見る

Pickup2

クリニーク クラリファイング モイスチャーローション1

クリニーク クラリファイング モイスチャーローション1クリニーククラリファイング
モイスチャーローション1

古くなった余分な角質は、保湿成分や美容成分の浸透を妨げます。そんなときに使用したいのが「クリニーク」の拭き取り化粧水「クラリファイング モイスチャーローション1」です。拭き取りによる角質除去は、乾燥する敏感肌にあまり良くないイメージを持たれるかも知れません。しかし「クラリファイング モイスチャーローション1」は肌へ潤いを与えつつ、低刺激なケアを期待することが可能となっています。

商品詳細を見る

Pickup3

資生堂 dプログラム バランスケア ローションW

資生堂 dプログラム バランスケア ローションW資生堂 dプログラム
バランスケア ローションW

マイルド&低刺激な使用感で「肌のバリア機能」を意識する「dプログラム」。資生堂ブランドのケア化粧品として、クリーンで高品質なこだわりをもっています。中でも「バランスケア ローションW」は肌環境の乱れた肌=アンバランスな肌への使用に特化した化粧水。「Ⅰ:さっぱり感触タイプ」「Ⅱ:しっとり感触タイプ」の2ボトルが用意されているので、季節や肌の状態に応じて使い分けることも可能です。

商品詳細を見る

敏感肌に浸透するセラミドとしないセラミドまとめ

セラミドは、表皮の1番外側「角質層」に多く存在する保湿成分です。「保湿」と「肌のバリア機能」を担う、極めて重要な成分なのに、年齢と共に減少してしまいます。そこで、ケア化粧品などを用いて、セラミドをきちんと補ってあげることが「敏感肌改善」「年齢を意識した美肌ケア」には欠かせないのですね。

しかし、セラミドには多くの種類があり、質や浸透力もさまざま。その中でも特に高い浸透力と効果を期待できるのが「ヒト型セラミド」です。ベストなセラミド化粧品を探す上での、大きな指針にしてみましょう。

敏感肌さんにおすすめ!とろーり濃密化粧水「アヤナス」

合わせて読みたい!