敏感肌さんの化粧水選びの基本

敏感になっている肌の状態

敏感肌の図

健康的な肌は、角質が潤っており、外部刺激を緩和することができます。そのため、表皮や、肌の深層・真皮の潤いも保たれているのです。健康的な肌は美しいだけでなく、トラブルが起きにくい状態と言えるでしょう。
一方、敏感肌は、角質が潤いを欠いており、外部刺激に弱い状態となっています。そのため、ヒリヒリやかゆみ、カサカサ肌といった症状があらわれてくるのです。
また敏感肌は、慢性的な炎症が起きやすい状態と言えます。特に、肌が赤みがかっているときは、内部で炎症が進んでいる可能性も考えられるでしょう。

低刺激なだけの化粧水では満足できない!

敏感肌の方は「低刺激なだけの化粧水」で満足しないことが大切です。低刺激なだけの化粧水を使用しても、敏感肌が改善するとは限りません。敏感肌の方は、原因に合わせた「積極的なケア」が必要と言えるでしょう。「積極的なケア」のためにも「保湿、浸透」が可能な化粧水選びを心がけて下さい。なお、敏感肌は年齢と共に肌の元気がなくなってくることも一因。そのため「エイジングケア」も意識した化粧水を選びたいところです。

重要な保湿力
肌のバリア機能は角質の充分な潤いによって保たれます。そのため敏感肌の改善にはまず「保湿力の底上げ」が必要になってくるのです。
敏感肌さんに保湿が重要な理由
しっかりと届く浸透力
どんなに良い成分が配合されていても、肌の深部にまで行き届かなければ意味はありません。浸透力もまた、化粧水選びの重要ポイントです。
そのセラミドは肌に浸透する?
あると嬉しいエイジングケア力
乾燥しやすい年齢肌は、敏感肌へと発展しがち。30代以降に使用する化粧水は、エイジングケアが意識されていると嬉しいですね。
敏感肌とエイジングケア

敏感肌さんにおすすめの化粧水って?

敏感肌さんにおすすめの化粧水って?

敏感肌化粧水

敏感肌は完全に治すことは難しい肌質。ですが敏感肌を専門にスキンケアを研究しているブランドの化粧水を使うことで美しい肌を目指すことは可能です。
特に化粧水は洗顔後、一番最初に肌につける化粧品。一番ダイレクトに敏感肌へ浸透します。「敏感肌だからちょっとの刺激は仕方ない」とか考えてしまうと、ダメージが蓄積してしまい、美肌から遠ざかることに・・・。敏感肌を美しくする化粧水は「敏感肌専門ブランド」から選ぶことが近道。色々なスキンケアがある中で「敏感肌ラインもあります」というブランドは「低刺激なだけ」=「ほぼ水」ということも多いのです。
敏感肌を熟知し、そのケア方法を日々研究している「敏感肌ケアに特化したブランド」で、低刺激&高効果を実現した化粧水を選びましょう。

敏感肌さんにおすすめの化粧水

迷ったときには…敏感肌化粧水ランキング!

敏感肌に向いている化粧水をピックアップ

敏感肌のしくみが分かっても、実際に化粧水を選ぶことはやっぱり大変。特に敏感肌でも綺麗を目指したいあなたに「本当に向いている化粧水」を自力で見つけることは、時間や費用の面でも難しいです。その結果、なんとなくで選んだ敏感肌用化粧水で妥協してしまうなどということも。
そんな悲劇を避けるため、保湿・浸透の敏感肌ケアとエイジングケアを中心とした敏感肌&美肌ケアの配合成分を根拠に、おすすめの敏感肌用化粧水をランキングにしました!

皆の評判をチェック!敏感肌化粧水の口コミまとめ

敏感肌こそ注目したい口コミの“傾向”

口コミ女性

口コミは「個人の感想だから、参考にならない」とも言われます。しかし、特に敏感肌の女性は口コミを完全に無視するのはNG!敏感肌用化粧水の口コミの中には、その化粧水を実際に使用した人だけが分かる「注目すべき口コミ」があるのです。ベタつきなどの使用感や、お得感、満足度などのコスパ的な細部が実際の敏感肌女性の視点で分かるため、ケアの参考にも。
メーカーが売りにしているポイントを、実際に使った敏感肌女性があまり感じられていないような化粧水には要注意。その化粧水は、「敏感肌にも使える」というだけで「美しくする」という視点ではないかもしれません。
ちなみに最近の傾向では、多くの敏感肌女性が「低刺激や保湿力以上の美肌ケア」を、敏感肌用化粧水に望む傾向が出始めてますよ♪

敏感肌化粧水の口コミまとめ

敏感肌さんにおすすめ!とろーり濃密化粧水「アヤナス」

敏感肌さん必見!お役立ち情報!

敏感肌化粧水をコスパだけで選んではいけない理由

敏感肌化粧水

敏感肌化粧水をコストパフォーマンスだけで選ぶと失敗します。値段が抑えられている化粧水では「品質が犠牲になっている」ことも少なくありません。そして、そのような「品質の差」を最も鋭く感じ取ってしまうのが、敏感肌なのです。刺激に弱い敏感肌はウソをつきません。つまり、敏感肌の持ち主こそ「目に見えない品質に人一倍こだわるべき」と言えるでしょう。
「安全で確かな品質の化粧水を、適正価格で購入する」。これが、敏感肌ケアにおける「最も高いコストパフォーマンス」を実現するのです。

コスパだけじゃない!敏感肌化粧水の選び方

必見!敏感肌スキンケアのコツ

敏感肌ケア

敏感肌の改善を目指すには「しっかりとした保湿」と「肌に負担を与えないスキンケア」が2大ポイント。このページの知識は敏感肌向け化粧水を選ぶ上でも極めて重要になりますから、ぜひとも確認して下さいね。肌の潤いを逃したり、刺激を与えたりと、間違ったスキンケアで敏感肌を悪化させてしまわないように、今一度自分のスキンケアを見直してみましょう!

敏感肌ケアのコツをチェック

敏感肌さんに人気の化粧水って?

人気の化粧水

敏感肌さんは化粧水選びにおいてまず「低刺激であること」を求めます。しかし、特に人気のある化粧水では「低刺激以上の付加価値」をもっていることがほとんどです。「高い保湿力」「美肌成分の配合」「エイジングケア」など、いずれも敏感肌を「美しい肌」へと導くような高機能化粧水に人気があります。このように多くの敏感肌さんは「敏感肌に対する攻めのケア」を求めているようです。

敏感肌さんに人気の化粧水って?

お肌の曲がり角…30代の敏感肌さんが選ぶべき化粧水とは??

30代の敏感肌さん

お肌の状態は年齢によって変化します。特に、30代は「お肌の曲がり角」とも言われます。肌の老化は25歳〜30歳頃からはじまるため、大きな変化を迎えることも珍しくないのですね。30代の化粧水選びは、この事実を意識するところからはじまります。30代以降の肌は、一般的に「乾燥しやすい状態」に。そのため、高い保湿力を意識した低刺激化粧水を選んで「バリア機能の低下した敏感肌」へとアプローチしていきましょう。

お肌の曲がり角…30代の敏感肌さんが選ぶべき化粧水とは?

これって敏感肌!?化粧水でヒリヒリした時に知っておきたいこと

敏感肌

化粧水を変えたらヒリヒリ。今までは問題の起きなかった化粧水でヒリヒリ。それは「化粧水見直しのタイミング」かもしれません。体質や肌質の変化に応じて、ご自分に合った化粧水を選んでいきましょう。年齢、体調不良など、理由はどうあれ、敏感肌は「肌環境悪化」のサインです。このサインがあらわれたら「ご自分の肌に合った低刺激化粧水=ヒリヒリを感じない化粧水」を見つけてケアしてゆくのがベストといえるでしょう。

これって敏感肌!?化粧水でヒリヒリした時に知っておきたいこと

敏感肌化粧水の基本!敏感肌に浸透するセラミドとしないセラミド

セラミド

高い水分保持力で保湿成分の代名詞とも言える「セラミド」。しかし、セラミドは分子が大きいため、そのままではうまく肌へ浸透してくれません。また、セラミドには複数の種類がある点もポイントです。せっかくセラミド配合の敏感肌化粧水を使うなら、人の肌に元々存在するセラミドに近い「ヒト型セラミド」を選びたいところ。もちろん「分子がナノ化されて浸透しやすくなったヒト型セラミド」が配合されている化粧水は、保湿・浸透の両面でベストです。

敏感肌化粧水の基本!敏感肌に浸透するセラミドとしないセラミド

敏感肌も安心!エイジングケアを楽しむ化粧水!

エイジングケアを楽しむ化粧水

敏感肌でも積極的にエイジングケアを楽しみたい。そう考える女性も多いはずです。実際に、肌環境の乱れやすい敏感肌は、年齢を感じさせる要因にもなってしまいます。つまり、敏感肌だからといってエイジングケアを諦めることはあまり良い結果をもたらさないということですね。しかし「敏感肌用でなおかつエイジングケアも期待できる化粧水」は多くありません。肌質にさえ合えば、そのような化粧水は長年愛用できる「あなたのエイジングケア・パートナー」となってくれるでしょう。

敏感肌も安心!エイジングケアを楽しむ化粧水!

敏感肌さんが知っておくべき化粧品の成分

化粧品の成分

化粧品の中には、刺激の原因になりやすい「注意すべき成分」があります。具体的には、紫外線吸収剤、アルコール、香料、界面活性剤、鉱物油、合成着色料などが代表例です。このような成分が配合されている化粧水を使用する場合には、必ず念入りなパッチテストをおこなって下さい。なお、無添加化粧品でも、原材料の質が悪ければ、肌への刺激となり得ます。一方、敏感肌さんならば積極的に取り入れたいおすすめの成分も。すでにご紹介した「セラミド」もその1つです。

敏感肌さんが知っておくべき化粧品の成分

必見!敏感肌スキンケアのコツ

敏感肌スキンケア

敏感肌の上手なケアを目指すなら、まずは敏感肌のしくみを良く理解しましょう。その上で、刺激を抑えつつ、肌環境を改善してゆくことが必要となります。具体的に目指すべきは「肌のバリア機能の改善」です。特に、30代以降は「保湿力の底上げ」からバリア機能改善にアプローチしましょう。保湿力の底上げには、化粧水で水分保持物質を肌へ補給することが最も効果的な方法です。そのため、敏感肌のスキンケアでは「化粧水の選び方」もコツの1つとなります。

必見!敏感肌スキンケアのコツ

敏感肌に保湿が大切な理由

保湿

敏感肌の改善には保湿が何よりも大切です。なぜならば、乾燥によって肌本来の「バリア機能」が弱まり、刺激に弱くなるからです。30代以降は、肌の水分量低下も顕著になってきますから、保湿を意識したケアが必要になるでしょう。必要なケアを怠り、肌の水分量がどんどん低下していったら、年齢を感じさせる「カサカサ肌」まで一直線。敏感肌の改善と共に、見た目の美しさを維持するためにも、「保湿」はとても大切なキーワードとなります。

敏感肌に保湿が大切な理由

季節の変わり目にゆらぐ肌

季節の変わり目

日本の四季は私たちを楽しませる一方で、肌へ大きな負担をかけます。「湿度の高い梅雨〜夏」と「乾燥する冬」が交互にやってくること。そして、季節によっては「花粉」が発生することも、肌環境を大きくゆらがせる原因に。このような「ゆらぎ」は肌環境を狂わせ、敏感肌のきっかけとなります。そのため日本の女性達は、季節の変わり目を常に意識して「季節に合わせたスキンケア」をおこなう必要があるのです。そして「信頼できる低刺激化粧水」は、ゆらぎ肌ケアを容易にしてくれます。

季節の変わり目にゆらぐ肌